40代からの起業を失敗しない複業11の心得

「今の会社の将来は、海外へのビジネス展開のことなどを考えると先が見えない」「若手のポジションが上がってきてだんだん立場がなくなってきた」「周囲の同僚は、みんな元気がなくて、毎日仕事をこなすだけ。こんな中にいたら自分までおかしくなりそう」「会社の評価もあまり良くない」
 
「仕事を頑張って上も目指しても自分がやりたいことができない」「昇格するには上司の媚びないといけない。自分はそれができないタイプ」「会社には自分の力だけではどうしようもないことがある」「早期退職といった話も出てきている」「今の環境のままだと不安だけが募ってくる」「会社に頼っているのは危険だと感じた」「もっといきいき前向きに毎日を送りたい」
 
「でも家族がいるし」「子供たちが自立するまで教育費もいる」「住宅ローンもあるし」「お金が掛かるのはこれからだ」「今さら転職でもないような気がする」「でも自分に何ができるんだろう?」「いったいどこからはじめたらいいの?モヤモヤ・・・」
 
40代は、年齢として、立場として、父親として、個人として、公私ともにとても難しい年代です。これから先、会社に頼ったままの人生でいいんだろうか?人生一度きり、自分で何かできることはないんだろうか?そんなモヤモヤの中にいませんか?本記事では40代起業に向けてのモヤモヤを解決する方法をまとめています。
 

 

40代からの転職活動体験談

転職
 
「いきなり独立起業なんてハードルが高いし。転職してみるしかないか・・・」普通に考えるとそうなりますよね。では40代から転職活動を始めたらどうなるのか?まずは僕自身の体験談を紹介します。
 
僕は20年以上大手電機メーカーに勤めていました。30代半ばに幹部候補生。同期No1で管理職にも抜擢され将来有望のサラリーマンでした。現場あがりの性分、本社のやり方に納得がいかないところが多々ありました。「現場で起こっていることを直視しないから会社は良くならないんだ!」日々強く感じながら会社生活を送っていました。
 
そんな中、ある公式な場で身分不相応な立場なのに幹部へ向かって直言をしてしまいます。結果、左遷、降格、減給などの憂き目に遭い、あげくは上司の強烈パワハラで追い込まれていきます。自殺指向にまでなりました。出る杭は打たれるの典型だったわけです。
 
このとき43歳。出口が見つからないまま、会社から逃げるように辞めていくことになります。22年新卒以来一つの会社でやり続けてきました。他の業界、他の会社なんて全く知りません。そんなすべてが初めての転職活動でした。ここで大きな壁にぶち当たります。
 
経歴書を書いて数社に送ります。書類選考の段階でことごとく落とされていきます。「これまで部門を動かしてきたのに・・・」「自分の実力が評価されない」「こんなはずでは・・・」  だんだん求人もなくなっていきます。「自分は世の中から認めてもらえない人間なんじゃないだろうか?」
 
最後は人間不信にまで追い込まれていきます。あとでわかることですが、実はそんなことではないんですね。単に先方の会社のニーズに合うか合わないかだけの話です。でもその場にいるとそうは思えなくなるのが転職活動の怖い一面です。
 
こうした試行錯誤の数ヶ月を経て、自分がやりたいことと先方のニーズがマッチした案件で転職が決まります。ベンチャーでした。年収はダウンしました。その後、ベンチャー倒産の憂き目に遭い、45歳で再度転職。ここではさらに苦労重ねました。もう収入とかやりたいことだと言っていられない状況でした。4ヶ月強かけて従業員30人程度の中小企業に滑り込みました。年収はピーク時の半分でした。
 

転職だけが人生の選択肢ではありません

転職2
 
40代のあなたは今、それなりの立場にいて、それなりの収入を得ているはずです。「収入を維持、願わくばアップして、新しい仕事に就きたい」それが根っこの思いかもしれません。でも多くの場合、それは叶いません。収入維持ができる条件は、今の仕事と同じ業界で同じ仕事で同じ立場であること。こんな条件の仕事はまずあり得ません。
 
「オレは組織をまとめていたし、マネジメント力には自信がある」そう感じますよね?僕もそうでした。マーケティングの仕事をし、たくさんのプロジェクトをまとめ指揮し、成果も出してきました。でも残念ながら、そのプライドは転職市場では一瞬にしてへし折られてしまいます。まして、キャリアチェンジを考えるなら、年収ダウンは避けては通れないのが実態です。
 
相談相手になる人材紹介会社や転職キャリアコンサルタントという肩書きの人はあなたの相談に乗ってくれます。でもここで知っておいてほしいのは、彼らはあなたが転職を決めてくれてはじめて成果が上がる職業だということです。
 
ということはあなたがより転職しやすい企業を紹介するわけで、必ずしもあなたの人生を考えてのアドバイスではないということです。また日々たくさんの相談者が来るので、それをこなすことに精一杯です。特に大手と言われるところほどその傾向があります。
 
僕自身、43歳から2度の転職活動でエージェントを利用しました。ここでも苦渋の経験をいやというほどしました。(もちろん極々ひとにぎりに本当に親身になってくれる人はいると思います。私は残念ながら出会えませんでしたが)あなたはわらをもすがる思いで相談に乗ってもらうので、そんなことにまで頭がまわるはずがありません。40代からの転職活動の厳しさが何となく伝わりましたか?
 

社会情勢を再認識する


 
金融庁は人生100年時代へ向けて、個人の収入は2000万円が不足すると発表しました。(2019.6.3)男性65歳以上、女性60歳以上の夫婦では、平均年金収入が21万円。必要な支出に対し毎月約5万円の赤字が出ると推計しています。これから20年生きると1200万円、30年だと2000万円が不足するという計算になります。
 
これに対し国は「再就職をして働け」「投資をして資産形成をしろ」「今の家計を見直して節約しろ」といった自助努力をするように示しています。つまり自分で何とかしろという意味です。「そんなこと言われても」「国はおかしい」「無責任だ」そう感じますね。でも頭にきても文句を言っても国は何をしてくれません。
 
加えて年金受給開始時期が延長されることも予測されています。5年延びたらさらにその間の収入はどうするかという問題になります。40代はまさにそこに当たり、このままいけば一番のしわ寄せが来る世代になります。国や会社に頼っていても何も好転することはありません。自分で何とかするしかないのです。起業するしないとかの問題でなく、自分で生きる力をつけていかないといけない時代に突入した。今その認識をしっかり持つ必要があります。
 

環境を変えることが全ての第一歩


 
会社に入って以来、それなりに一生懸命やってきた。いつも会社のことだけを考えてきた。そんなある日、予期せぬ人事があった。今までやってきたことを水の泡にするような仕事。何でこんなことになるんだろう?会社に尽くしてきたのは何だったのか?
 
振り返ると自分ならこうしたい!というときは何度もあった。でも会社の意向は違うところにある。しょうがなくやらされているというときも多かった。自分でやるということを考えてもいいかもしれない。でも家族はいるし、住宅ローンもある。そんな軽はずみには行動できない・・・
 
例えばこんな事例があります。サラリーマン23年、僕自身も同じような道を歩んできました。
会社に雇われながら、上司の指示を受けながら、自分でやらないと気が済まないところがありました。いつか独立起業のような道が歩めないかなあ?と思っていました。そしていろんな経緯があって独立の道を選びました。最初は怖かったけど、踏み出してみると世界が変わりました。
 
もし、あなたがこんな思いの中にいるとしたら。毎日モヤモヤするのではなく、できることから行動してみたらいいです。決して会社を辞めろと言っているのではありません。会社にいながらにして、自分の軸は何なのかをしっかり考えてみること。そして会社以外の環境に身を置いてみることです。
 
自分から環境を変えると自分の中にも変化が出てきます。「目がきらきら輝いていた」「みんないきいきしていて刺激をもらった」アカデミーに始めた参加した人は異口同音にこんな話をしてくれます。自転車は最初漕ぎ出すまでが大変。でも動き始めると自然に進んでいきます。最初は小さな一歩からはじまります。
 
⇒こんな記事も読まれています「失敗しない起業の心構え」
 

突然会社からハシゴをはずされたときの心構え

edd8d5bc9c68b2d5b284d8c54b867322_s
 
これまで会社の成長を考えてそれなりに努力してきた。家族も犠牲にしながら仕事をしてきた。自分で考えて動き、結果も出してきた。なのにある日突然、一定の年齢が来たら賞味期限扱いをされる。早期退職や再就職支援といったものが表に出てくる。いきなりハシゴをはずされて納得いきませんよね?その気持ちはわかります。
 
ただここでいくら会社に対して文句を言っても状況は改善しません。文句を言えば言うほど自分がみじめになるだけです。ならばこの転機をチャンスととらえてみてください。早期退職で余分にまとまったお金がもらえるなんてそうそうないことです。ちなみに僕が会社を辞めた頃は早期退職といった制度はありませんでした。もし早期退職制度があったとしたら、起業へ向けた一時資金ができたという感じでとても有り難い話です。
 

 

40代からの起業は複業ハイブリッドキャリアではじめる

ハイブリッド
 
「組織ではやっていけない。自分の力で人生を切り拓きたい」40代で起業を志す、すばらしい思いです。でもちょっと待ってください。いきなり起業なんて無謀なことを絶対してはいけません。支えるものが多い立場である以上、家族を路頭に迷わすわけにはいきません。どんなことがあっても固定収入を確保しないといけません。起業離陸する最後の最後まで会社から収入をもらい続けてください。
 
じゃあどうすればいいか?まずはサラリーマンを続けながら複業していきます。サラリーマンと起業準備が並行するので「ハイブリッドキャリア」と呼んでいます。複業活動していくには時間の捻出が必須です。
 
時間捻出は今使っている時間の棚卸しから始めます。時間がない、時間がないと思っていても同じようなことに掛かっていたり、スキマ時間があったり、やりようはあります。もし今の状態で全く時間ができないのなら、自分の時間が捻出できる部署へ異動することも視野に入れることもありです。仕事としてはやりがいがなくなるかもしれません。不本意でしょう。でもこれから自分の人生を切り拓くのが先決です。会社での立場なんてどうでもいいと思ってしまうことです。
 

失敗しない起業は家族の理解から

パートナー
 
「起業するなんて家族に言ったら大反対されるかも・・・」大きな心配事だと思います。家族に理解を得るためには3つのステップがあります。一つ目は「お金の不安を払拭してあげること」です。会社を辞めて収入がなくなったらたちまちどうやって生活していったらいいの?家族が一番に感じる大きな不安です。口だけで言ってもだめです。
 
「会社を辞めた初年度はこういう収入になる。失業保険はこのくらいこの時期に出る。ここを節約して、これをこうやりくりして何とか乗り切る。2年目はこういうバランスにもっていく。3年目はこう・・・」といった具体的な収支を書いて説明してください。現実的な収支計画です。これができていないようでは独立起業はスタートできません。
 
二つ目は「一生懸命やっている姿を見せていくこと」です。複業活動はそうした意味もあります。知り合いでなかなか奥さんの理解が得られず苦労してきた人がいます。彼は毎日欠かすことなくブログを書き続けてきました。そして土日を利用してセミナーを主催したりしていました。そんな様子を奥さんは見ていました。
 
ある日「そこまで一生懸命なんだからしょうがないわね・・・」そう言って起業スタートできることになりました。口だけでやりたいだけ言っていてもだめです。やりたいという気持ちを具体的行動に変えていくことです。家族はあなたの毎日を見ています。かけがいのない人を無視する家族なんていません。
 
三つ目は「これまでとってきた行動」です。パートナーはこれまで長年共に連れ添ってきた関係です。「この人ならちゃんとやり切ってくれるはずだろう」という信頼を得られているかが基盤だったりします。「また思いつきで独立しようなんて言っている。いつもそうなんだから。絶対続くはずがない」そんなふうに思われるような行動を過去してきているとしたらなかなか信頼は得られないと思います。
 
最後にコツをひとつ。「説得でなく理解してもらうこと」に意識を置くことです。価値観の違うパートナーを説得しようとすること自体に無理があります。少しずつ理解をしてもらうこと。一度にわかってもらおうなんて思わないこと。家族には「最大の協力者」になってもらうことがとても大切なことです。
 
⇒こちらも読まれています「お金を掛けない起業の方法」
 

40代からの起業は期限を決めて掛かる

期限
 
起業を本当に成就したいなら、いつ起業スタートするのか「期限を決める」ことです。期限は「201*年4月」といった具体的日付を決めるのがコツです。期限を決めると自然にカウントダウンが始まります。「あと何ヶ月」というのが大事です。締め切り効果というのを知っていますか?締め切りがあると俄然集中力が増すというものです。
 
サラリーマンをしながらの複業はお金の面ではリスクゼロです。収入不安がないのが大きなメリットです。でも一方でデメリットがあります。いつまでも複業といってズルズルしてしまうことです。サラリーマンをしながらの複業は思う以上に自己コントロールが必要です。自己コントロールができる人だけが成功する世界です。そのためには期限を決めることが必須です。
 
「会社がいやだ、いやだ・・・」と思いながら気がついたら3年、5年が過ぎていた・・・こんなケースをたくさん目にしてきました。一番避けたいケースです。「期限を決めて行動を起こす」本気で現状を打破したいのなら必ず励行してください。
 

自分に何ができる?今の仕事の延長線上?

23017dcc6d022eb539aad69a9933d766_s
 
さあ起業へ向け進んでいくぞ!と思っても「いったい自分に何ができるんだろう?」と感じます。起業には専門性が必要というけど自分の専門って何なんだ?これまで一つの業界にしかいなかったから知識があるのはその分野だけ。詳しい知識なんて他にはないし。今から勉強なんて現実的じゃないし。やっぱり今の仕事の延長線上でやることになるのかな・・・そんなふうに考えがちです。
 
でもちょっと待ってください。今の仕事に満足しているのならその仕事を会社員として続けていってもいいのではないですか?そもそも今の仕事に納得感ややりがいを感じないから起業を考えたところもあるのではないですか?であれば今の仕事の延長線上という選択肢はないはず。
 
起業を成功軌道に乗せるためには徹底して継続できることが必須。継続はたのしいからこそできるものです。その話をし始めたら、急に熱量が上がってくる。知らない間に熱くなっている自分がいる。いつまでもずっと話していたい。
 
そんな思いになるものって何ですか?それを見つけていってください。熱を入れられるものなら、専門家になるために必要な知識もどんどん吸収していけます。起業は自分で人生を切り拓く舵取りです。新しい仕事をつくっていく醍醐味を味わってみてください。
 
⇒こちらも読まれています「失敗しない起業16の手順」
 

最初にやることは「自分を知る」こと

棚
 
複業起業へ向け最初にやるべきことは「自分を知る」ことです。起業は生業を起こすことです。ゼロから自分で仕事を創り出すことです。「なぜその仕事がしたいのか?」ブレない自分軸を決めないといけません。そのためにこれまで生きてきた40数年間を洗いざらい書き出していきます。自分の原点はどこにあるのか?今ある自分はどこからつながっているのか?考えながらの作業です。
 
次にどんな仕事を創り出していくかを決めていきます。一番重要なことは「わくわく」です。自分はどんなときに「わくわく」を感じるのかを掘り下げていきます。そしてこれまでの経験を書き出していきます。いわゆる「できること」です。
 
さらに苦労、挫折、失敗、コンプレックスなど。もしかしたら思い出したくもないことかもしれません。でもそれこそが重要。マイナス体験はビジネスを創る上で宝物です。「わくわく」と「できること」と「マイナス体験」を掛け合わせて自分にしかできない仕事を創り出していきます。
 
このプロセスで意識してほしいことが3つあります。一つ目が「書き出す」こと。考える作業を頭の中だけやってはいけません。書くことで頭の整理がつくからです。面倒がらず一つひとつをきちんと書き出してみてください。できたら手書きをおすすめします。
 
二つ目が「話す」こと。思う存分書き出せたら、第三者に話してみてください。このとき重要なことがあります。それは話す相手です。相手は必ず起業を志す信頼の置ける第三者にしてください。サラリーマンの人はNGです。サラリーマン思考の人には起業という発想自体ができないのでやっても意味がありません。
 
三つ目が信頼できる相手から「フィードバックをもらう」こと。「自分自身のことは自分ではわからないところがある」「思わぬ自分に気づくことができた」それがフィードバックをもらう理由です。自分を知るプロセスを棚卸と言います。「書く」⇒「話す」⇒「フィードバック」は棚卸を正しく実践するための魔法の手順です。
 
⇒こちらも読まれています「自分の何ができるのか見つける方法」
 

起業は知識でなく実際に動くこと

動く
 
起業準備で一番大切なことは複業中に「お客さまを集める仕組みをつくる」ことです。事業計画書を書くことでも会社設立の仕方を覚えることでもありません。「稼ぐ基盤」をつくらないことには何も始まりません。サラリーマン時代はこの本当の意味がわからないんですね。
 
「起業には知識が必要だ」そう思い込んでいます。結果、事業計画書や起業手続きのやり方セミナーのようなものにばかり行ってしまいがちです。もちろん、事業計画、法人設立、資金調達といった知識が不要ということではありません。その段階に来れば学ぶべきです。
 
それよりも最優先すべきことが「お客さまを集める」ということなのです。お客さま不在のビジネスは成立しません。お客さまの基盤になる「ファン」づくりをサラリーマンをやりながら集めていきます。お客さまを集めるプロセスで、だんだんとあなたの【ブランディング】も出来ています。起こす行動は【情報発信】です。
 
サラリーマンが起業していくには「正しい手順」があります。その「手順」をちゃんと理解した上でまず「行動を始めること」です。僕が起業した当時は、モヤモヤして何から始めたらいいかといった相談ができる人が周りにいませんでした。
 
手当たり次第いろんなセミナーに行き、たくさんの教材や本を買い、大金をはたいて起業塾に入ったりもしました。その間に使ったお金と時間は途方もない金額です。40代の起業準備は「正しい手順」で確実にかつお金と時間のロスを最小限していく必要があります。置かれた環境をふまえ、限られた資源の中での活動になりますから。