働き方多様化

コロナ問題で起こる働き方多様化を実践した方がいい理由

新型コロナがいつ終息するか先が見えない状況になっています。コロナが終息した後にどんな世の中になるのか?そのこと考えながら今を過ごすことが必要です。コロナが終息したときに
今までの当たり前が当たり前ではなくなる
コロナ問題で外出自粛になりました。今まで聞きなれなかったテレワークという言葉が日々当たり前のように飛び交うようになりました。実際、自宅勤務に切り替わって気づいたことはありませんか?「通勤っていったい何だったの?」「今まで費やしてきた通勤時間は他に使えるかも」そうです。そこに気づくことが新しい一歩を踏み出す原点になります。
オフィスにいなくても仕事はまわります。仕事はどこにいてもできるんです。むしろ自分にとって一番パフォーマンスが上がる環境に身を置くことが大切。
通勤するのが当たり前という固定概念には全く意味がありません。今まで当たり前と思っていたことを疑ってください。発想の仕方を変えるのに絶好の機会です。
会社の姿勢があらわになる
人は苦境にたったときに本当の姿を見せます。「うちではテレワークはできない」と言い張っている会社にいたらそれは要注意。
必要な仕事とそうでない仕事が明確になる
「これまで朝から晩まで仕事が満載だった。今回時短勤務になって時間がごっそり減った。どうしようか思っていたがそうなったらなったで仕事がまわっている。ムダなことがいっぱいあった。本当に必要なことは何かがわかるようになった」こんな話がありました。
「テレワークをやって10日間。自分でメリハリつけてできるので仕事の効率が上がった」こんな声も挙がっていました。
会議は対面でなくてもできる
対面しないとできないと
という以前にそもそも「その会議自体必要なの?」ということも見えてきたのではないですか?
ある日突然リストラされる
コロナ問題が長引いています。今の状況がこのまま数ヶ月続くと、各会社の経営は苦しくなります。経営がきびしくなったとき真っ先に起こるのが人件費削減です。つまりリストラですね。資金繰りがきびしくなったとき、多くの経営者は自分たちが食べていくためにどうするかを考えます。自分の給料をカットして従業員に給料を払うという話をたまに聞きますが、極めて稀な話です。
つまり、いつ何時リストラされるかわからない状況もあるということです。来月から来なくていいと言われたときに「どうしたらいいの?」とならないためにも、働き方の選択肢を広げておくことは必要です。
「1ヶ月後に会社をたたむ。申し訳ないがみんな解雇です」これは僕が実際リーマンショックのときに所属していたベンチャーで言われた話です。対岸の火事なんて悠長に構えていたら大変、明日は我が身と認識することです。

生き方にモヤモヤしたら、全国どこからでもご自宅からお気軽に