仕事の意味

起業当時の体験談~天職塾フリーエージェントアカデミーをやっている理由

「三宅さんはなぜ天職塾フリーエージェントアカデミーをやっているんですか?」「天職デザイナーになったきっかけは何ですか?」ちょくちょく質問されます。ちょっと書きますね。
 
僕は23年にわたってサラリーマンをしてきました。その後いろいろあって46歳で独立。当時は会社で追い詰められて辞めざるを得ない状況でした。自分が何をするかも全く決めることなく、起業家の世界へ飛び出しました。今でこそみんなに「起業には周到な準備が必要だ」なんてえらそうに言っているのに・・・お恥ずかしいかぎりです。
 
1年目はもがき苦しみました。まともな売上ができません。いろんなところへ顔を出すは、出口が見えないので高額セミナーには参加するは、まさに闇雲状態です。そんな中、日々お金だけが減っていく。毎日貯金残高とにらめっこでした。
 
家族には余計な心配もかけたくない。何から手をつけたらいいのか暗中模索・・・そんな感じでした。あのとき、相談に乗ってくれる人がほしかった。でもそんな軸も決めていない起業の漠然とした悩みを聴いてくれる人は見つかりませんでした。
 
もしかしたら起業でモヤモヤして、同じように困っている人、悩んでいる人がいるかもしれない。そんな時に気軽に話せる相手がいたらいいのに。じゃあ、自分が相談相手になってみよう!これが天職デザイナーを志すきっかけでした。
 
その後、天職塾を始めました。最初はこんなコミュニティにしようなんてかけらも思っていませんでした。僕を含めたった3人の有志が集まって飲み会をするところからスタートしました。そうこうしていると、一人また一人・・・少しずつ仲間が増えていきました。
 
日々、起業前でモヤモヤした人の相談に乗っています。そこで感じるのはサラリーマンという閉ざされた世界だけで人生を考えないでほしいということ。サラリーマンで見えている世界は実はほんのわずか。ちょっとだけ外へ目を向けるだけ視界は一変します。視界が広がると価値観も変わります。
 
天職塾フリーエージェントアカデミーは「起業の学校」です。起業を志すには全力で応援します。でも起業するか否かは本人の意志です。だから無理やり起業した方がいいとは言いません。それよりも「働き方の選択肢」を拡げてほしい!その想いを強くもっています。働き方は生き方につながります。人生を切り拓いていく原動力が生まれてくるからです。
 
人には本来持って生まれた一人ひとりの魅力があります。子供の頃はみんな同じ、でも大人になるにしたがって育った環境や周囲の影響で鎧を身にまとい始めます。鎧をはずして、元々その人の「ダイヤモンドの原石」を見つけていきたい。そしてそれに磨きをかけて自信をつけてもらいたい。最近はこんな想いにかられるようになりました。
 
160人を超える同じ志の仲間。人として温かい仲間がいるからこそ実現できる!そう信じて毎日を送っています。
 
ゼロからはじめる自分サイズ起業の学校とは? ≫

全国どこからでもご自宅からお気軽に