働き方

起業に大切なことは物事を決める自分なりの尺度をもつこと

起業に大切なこととは何か?いろいろな視点がある。その中でも大きなウエイトを持つもの、それが自分をもつということだ。起業したら判断しないといけない場面がたくさん出てくる。その時その時で全て自分が決めることになる。物事を決めるときの自分なりの尺度とは何か?共有してみたい。
 

「なぜその仕事?」を繰り返す

仕事をする上でもっとも大切なのことは自分としての仕事軸をもつことだ。仕事軸はどうやって決めるのか?それは「なぜその仕事なのか?」という質問に答えること。今から起業していくなら「なぜその仕事がしたいのか?」もう既に起業しているなら「なぜその仕事をしているのか?」という質問になる。
 
質問のやり方のコツを伝授したい。できたら複数の第三者に質問をしてもらおう。「なぜこの仕事?」は自問自答しても明確にしづらい。人間は質問されると思考する。この考える行為が重要になる。漫然と毎日を送るとながされるだけ。絶えず質問されることで思考モードになれる。
 

起業するなら第一人者を目指す

「あなたは◯◯の第一人者ですね!」「第一人者の◯◯さんをご紹介します!」こんなふうに言われたらうれしい気持ちにならないだろうか?からだの中からやる気とエネルギーが湧いてくるのではないか?起業家とは専門家。その道のプロだ。どうせやるならその分野を極めていきたいもの。これを「第一人者」と言う。
 
第一人者になろうと思ったら第一人者になることを決めることだ。決めないことには手繰り寄せることはできない。しぼる、とんがる、突き抜ける。これからのビジネスには圧倒的なオリジナリティが必要になる。そんな自分のつくり方を話してみた。
 
★インターネットラジオを聴く
↓↓↓


 

起業したら一番になれる

何かで一番になるのってうれしくないだろうか?特に仕事で一番なんて気持ちいいものはない。あなたも起業したら一番になれる。というか一番になることを目指してほしい。オンリーワンでナンバーワン。日本で一番高い山は富士山とみんな答える。じゃあ二番目に高い山は?と訊かれて答えられる人はそうそういない。物事は一番であることが大切と言われるたとえ話だ。「そのことなら◯◯さん!」「◯◯の第一人者」と言われるような存在になる。そんな話をしてみた。ぜひ聴いてほしい。
 
★インターネットラジオを聴く
↓↓↓


 

思い立ったが吉日!起業に年齢は関係なし

「50歳近くになって今から独立起業なんて遅すぎるのでは?」「40代のこんな自分はもう歳だから・・・」そんなふうに思っていないだろうか?とんでもない。歳だから・・・と思うから歳をとる。今からやるぞ!と思ったらエネルギーが湧き出てくる。
 
起業は自分がやろうと思ったときこそが吉日。絶好のタイミングだ。世の中にはたくさんの遅咲きの人生がある。遅咲きほど経験が増えるから価値が増す。大事なことはそれを特別なことと受け止めないこと。自分にだってそれに似たことはできる!そんなマインドが毎日をワクワクに変えていく。年齢に関わらず仕事を創り出すことのたのしさについて話してみた。ぜひ聴いてみてほしい。
 
★インターネットラジオを聴く
↓↓↓


 
起業へのモヤモヤを解決するお気軽相談 ≫

全国どこからでもご自宅からお気軽に