働き方

起業家には決まった職種なんてない

「天職塾フリーエージェントアカデミーには、どんな職種の方がいらっしゃるのですか?」「卒業生の職種を教えてください」こんな質問を受けることがある。正直この質問には困ってしまう。なぜなら起業家には決まった職種なんてないからだ。
 
ウソの見抜き方の専門家、週末冒険プランナー、セカンドフィットネスパートナー、食物アレルギー対策の専門家、色とココロのコンシェルジュ、じぶん旅プランナー、写心家、プロ合コンコーチ、自然と人をつなぐ通訳家、部屋とキャリアのおかたづけ屋・・・
 
卒業していった起業家たちはみんな決まった職種に属さない人たちばかりだ。敢えて属していないとも言える。なぜか?起業とは業を起こすと書く。つまり生業(ナリワイ)を自分でつくることだから。一人ひとりが自分だけの生業(ナリワイ)をつくっていった。ある意味自分だけの生業(ナリワイ)づくりをしている学校だ。
 
ファイナンシャルプランナー、経営コンサルタント、会計士、飲食店・・・世の中に職種と呼ばれるものはたくさんある。想像してみてほしい。「どんな仕事をされているのですか?」と誰かに訊かれたとき、今ある職種で答えてたのしいだろうか?ワクワクするだろうか?
 
ちなみに僕の仕事は天職デザイナーと言う。ご縁のあった人と一緒になって天職を描いていく仕事だ。こんな仕事聞いたことがないだろう。それもそのはず自分でつくったものだから。肩書きをつくることイコール新しい職種をつくることになる。だから肩書きにはこだわることにしている。
 
起業コンサルタントが一般的に普及した職種かもしれない。実は起業コンサルタントですか?と言われることに抵抗がある。他の起業コンサルタントと一緒にしてほしくない。起業のノウハウや知識だけを教える仕事に見えるのも本意じゃない。小手先の手段より先に、自分としてどんな仕事をつくっていきたいのかを一緒に考えることが目的にあるからだ。
 
起業家とは世の中にない仕事を自分で創り出す人だ。どうせやるなら世界でたった一つの仕事を創り出したい。仕事には人一倍の想いをもって取り組んでいきたいものだ。職業図鑑に自分の仕事を掲載する。どうだろう?ワクワクしてくるのではないか?起業するならそんな思いでこれからを歩んでみてほしい。この姿勢だけでも人生は数倍たのしくなることは間違いない。
 
自分で仕事を創り出す場 target=”_blank”

全国どこからでもご自宅からお気軽に