成功

サラリーマン起業を成功に導く3つのポイント

起業したら成功したい!誰もが思うことだ。成功を考える前にどうなったら成功なのかを知っておいてほしい。成功とは、有名になること、1億稼ぐこと、一見そんなことに思えるかもしれない。これらはすべて一過性のものでしかない。起業の成功は一過性で華々しいものではなく事業が継続していることだ。永続といえるレベルまでいったら最高と言える。
 
では継続するためにどうしたらいいか?継続を導き出すために必須の3つの要素がある。
 
1つ目が「わくわく」。あなたはどんなときにわくわくを感じるだろうか?そのことを考え始めたらわくわくしていてもたってもいられなくなる。ずっと考えていても全く苦痛にならない、そんなことだ。普通は自分に何ができるかで入ってしまう。すると多くの場合は長続きしない。起業したらアップダウンいろんなことが起こる。凹んだときも前に進んでいける原動力、自分のわくわくは何なのかをトコトン突き詰めてほしい。
 
2つ目が「なぜこの仕事をしているのか?」の答えをつくること。とりあえず儲かりそう、需要がありそうだからはじめた・・・では途中で頓挫してしまう。これまでの自分を振り返り、ブレない仕事の原点をつくり上げること。こんな人をこうしてあげたい!そんな想いがあればベストだ。
 
3つ目が「個性」「自分らしさ」。事業が継続するためには他と違う独自性が必要になる。オンリーワンと呼ばれるものだ。今の時代、商品サービスで差別化をするのは至難の業だ。何でもって独自性をつくるのか?それはあなた自身になる。個性こそ最大の独自性。自分らしさを存分に発揮できてこそ独自性があってたのしいビジネスになる。
 
この3つは、自分自身を知ることから発見していくものだ。「自分を知る」ために、あなたがこれまでに生きてきた道のりを振り返ってほしい。たのしかったこと、感動したこと、苦労したこと、挫折したこと。自分のことがわかっていないとだれに何ができるのかもわからない。自分が何者かを発信することもできない。そもそも自分がわかっていないのに相手のことをサポートすることはできない。→起業準備の正しい手順
 
ゼロからはじめる自分サイズ起業の学校とは? ≫

全国どこからでもご自宅からお気軽に