成功

出川哲朗さんに学ぶ、起業するために必要なこと

今タレントの出川哲朗さんがアツい。そんなテーマでTV番組で特集をやっていた。番組を観て出川さんが多くの人に評価される理由がわかった。それは人柄と一生懸命さそして人間力。起業家として学ぶべきことが散りばめられていた。
 
若い頃は鳴かず飛ばずだった。そんなある日ウッチャンナンチャンやビートたけしのバラエティ番組でキャラを確立した。一時は嫌いな男ランキングNo1だった。その後、世界の果てまでイッテQに出演。体を張ったリアクション芸や出川イングリッシュなどで「汚れ役」「いじられキャラ」の徹底した仕事ぶりで人柄が認知され、現在は人気・好感度の高いタレントとなっている。「いつもニコニコしている」「歩いている姿がカワイイ」「元気がもらえる」最近の女子の評価だ。
 
出川イングリッシュで「直球で行けばほとんど伝わる」は出川さん談。「パッションで生きている人。とにかく人間力がすごい」と親交のある森三中の大島さんはコメントしていた。情熱、一生懸命、真っすぐ。シンプルなことばかり。でもこれこそまさに人間力と呼ぶのにふさわしいことでないだろうか。
 
出川さんが成功したのは、あきらめずにやり続けてきたからではないか?カベにぶち当たると多くの人はそこでやめてしまう。彼はそうではなかった。売れないからと辞めていたらそこで終わりだった。どんなにつらいことがあっても前に進んできた。やり続ける。あきらめない。言うのは簡単だが実行に移すのは難しい。実行に移せるのはひと握りの人。だから成功者になるのだろう。
 
いつも笑顔というのもすごい。たのしそうにしている。ウラでは大変な努力をしていることが伝わってくる。たのしそうにしている人には自然にひと握りが集まってくる。「笑ってもらえるおじいちゃんになるのが夢」という出川さん。彼の人柄がこの言葉に込められている。
 
座右の銘は「一生懸命頑張れば、誰かが見ててくれる」とのこと。今、出川さんがモテモテなのにはワケがある。同じ1964年生まれの53歳。彼に起業家として学ぶところはたくさんある。
 
ゼロからはじめる自分サイズ起業の学校とは? ≫ target=”_blank”

全国どこからでもご自宅からお気軽に