失敗

起業に失敗する不安を取り除く思考方法

「起業して失敗したらどうしよう・・・」一番の不安だ。失敗があるから怖い。誰もが思う。ではどうしたらその不安を取り除くことができるのだろうか?本記事では起業で失敗するという不安にどう向き合うかについてまとめた。
 
失敗にどんなイメージを持っているだろうか?多額の借金をして返済不能になる。お金が尽きてにっちもさっちもいかなくなる。そんな状態を想像するだろう。でもそうなる前に予期できるはず。先に判断すれば問題は大きくならない。要は手元の現金を超えてまでやろうとするからおかしくなる。大切なのは身の丈を守り抜く姿勢だ。
 
逆に起業の成功とはどういう状態のことをいうのだろうか?億を稼いでハワイで暮らす。出版してメディアに取り上げられて有名になる。不労所得で遊んで暮らす。豪邸に住む。高くて美味しいものを好きなだけ食べる・・・成功の尺度は人によって違う。
 
僕は成功の尺度を「しあわせになること」に置いている。あ~生きててよかった。そう感じられる瞬間がたくさん持てることだ。これまで起業家をやってきてそう感じる瞬間はたくさんあった。そのたびに人生にはお金で買えないものがあると実感する。
 
もちろん稼ぎは必要だ。でも稼ぎオンリーで毎日を送っていたら見える世界がおかしくなる。でも世の中にはお金だけでは得られないしあわせがある。
 
自分サイズのしあわせを得るために必要なこと。それは「継続している」こと。ビジネスが継続するには二つの重要な要素がある。お金がまわっていることと気持ちが続いていることだ。
 
一時的にお金を稼ぐことはできる。でも継続的に収入を得るには手元のお金はまわっていることが必要になる。出すお金があって自分のところに入ってくるお金がある。金は天下の回り物とはよくいったものだ。
 
お金がまわるためには気持ちが続いていることが大前提になる。「売上見込みがたたない・・・」「今月はもうダメだ・・・」起業すると谷が幾度となくやってくる。そんな中にあっても決してあきらめることなく前へ向かって進む気持ち。気持ちなくして継続はあり得ない。
 
ずっと続いていれば成功。途中でやめさえしなかったら失敗とは言わない。どうすればずっとビジネスを続けていけるのか。そのためにできることをいつも考えてみよう。
 

全国どこからでもご自宅からお気軽に